洋裁

母の影響もあったのか
小学生の頃に裁縫を始めました。
クラブ活動ではマフラーを編んだのを覚えています。

11年ほど前には洋裁を学び
バッグや洋服の受注生産 販売をしていました。

今でも洋裁を続けているのは
一つのものを作り上げる楽しさ 達成感
作業に集中する心地良さ
ファッション デザインに興味があるため
布の質感 色 ディテールを組み合わせ
創造力を使ってオリジナリティを表現すること。
様々な要素があります。

技術を学ぶことで出来ることは沢山ありますが
興味や関心 気持ちの面と
持って生まれた特性としてのセンス 感性
各々の個性が光るのは
それらの違いがあるからと思うのです。